ケンジントンスクール
Home 学校紹介 画像で見るケンジントン Course 給付制度指定講座 子供英会話 帰国子女 Topics Map サイトマップ




対象年齢は?

グループレッスンは小学校1〜6年、プライベートレッスン及びフレンズレッスンは年齢を問わず承ります。
一言に帰国子女といっても、ご年齢や滞在年数、帰国後の年数等によってその英語力は様々です。
ご入学前の綿密なカウンセリングとレベルチェックにより、現在のお子様の総合的な英語力を診断し、効果的な
学習方法についての適切なアドバイスをさせていただきます。
週1回で本当に効果があるの?

英語力を保持することは決して簡単なことではありません。そして英語力維持のためには1時間でも多く英語に
ふれさせることが効果的であることは否めません。
とはいえ、実際問題として、毎日英語のレッスンに通うような余裕がお子様にあるでしょうか。
日本の学校へ転校するという大きな変化への適応、各教科のフォローのための塾通い、受験の準備等々・・・。
今後ずっと日本の学校で教育を受けるのであれば、まずそちらの学業を第一優先にした上で、お子様に無理の
ない範囲で英語を学び続ける環境を与えてあげるべきだと思います。これらを考慮しますと、やはりレッスンは
週1〜2回が限度ではないでしょうか。海外の友人との文通、ビデオの活用、読書や前述の Webサイトの利用
など、これを補足する方法はたくさんあります。
何が適切なのかは年齢や海外滞在期間、ご性格によっても異なります。ご入学有無にかかわらず、お子様に
とってベストと思われる方法をアドバイスさせていただきますので、いつでもお気軽にご相談ください。
英語をどんどん忘れてしまう?

お子様の英語力 ― とりわけ会話力の低下を心配しておられる方は多いのではないでしょうか。特に、帰国後
日本の学校に転入された場合、会話力は日毎に落ちていくように感じられるはずです。この傾向は低学年になる
ほど顕著です。あたりまえのことですが、会話力維持のためにはなるべく英語にふれる機会を多くもたせること。
そしてそれを将来につなげるために、年齢に応じた新しい知識の吸収をあわせて行うことも必要となってきます。
英語学習を続けるだけでなく、外国人との交流、英語放送のTV番組やビデオ、文通、読書等々、ご事情の許す限り
日常生活の中に英語環境を取り入れてあげてください。そして「英語を忘れたくない」という気持を持ち続けられる
よう、周囲がさりげなく誘導してあげることも必要でしょう。子供たちに意欲を持たせることも成功のための大きな
要素です。ご事情で英語学習が継続できない場合も、読書は続けることをおすすめします。前述の Oxford
Reading Treeシリーズは英国の amazon.co.uk で購入できます。

ところで、帰国後の会話力の低下ですが、 実際に子供たちと話をしてみると、ご両親が心配していらっしゃるほど
ではないというケースも多いのです。せっかく培った英語力をなんとか保持させたいと数多くの方々が相談に
みえますが、帰国後歳月がたつにつれ、英語を話さなくなってしまった子が、突然のレベルチェックにもかかわらず
楽しそうに英語で話をしているのを見て、お母様がびっくりされる・・・ということもしばしばです。学校生活のこと、
海外生活のこと、趣味や友人、英語に関すること、子供たちはとてもいきいきと楽しそうに話してくれます。
ご性格にもよりますが、多くの場合子供たちは自ら必要性を感じないと、「英語を話す」気分になってくれません。
レベルチェックとはいえ1対1でネイティブと会話をする状況に置かれることで、必要性を感じ自然に英語を話そうと
するのです。たった30分程の短い時間ですが、最初は言葉につまっても後半になると流暢さが増してくる子供達
が多いことも事実です。実際に話を聞いてみると「海外の学校の方が楽しかった」と言う子が殆どですから、潜在的
に英語を話したい気持はあるのだと思います。
帰国後、英語に拒絶反応をしめしはじめたら・・・

新しい日本語環境に適応しようとするがために、心理的に英語の世界を排斥しようとするケースがまれにあります。
そういった状態の時に叱咤激励して英語学習を無理強いすることは得策ではありません。 ご両親の焦りを感じれば
感じるほど、逆にかたくなになっていくこともあります。
このようなケースの場合は、まず英語に対する拒否反応を取り除くことに心をくだき、楽しく英語にふれられる場を
見つけてあげることです。「英語が必要」となる機会が少しでもあって、それがお子様にとって楽しいものであれば
英語に対する意識も良い方向に変わっていくのではないでしょうか。


Copyright   Kensintong School. All Rights Reserved.